三度目の正直

【読み方】さんどめのしょうじき

三度目の正直の意味

一度や二度は当てにならないが、三度目は本来の結果が出てうまくゆくこと。

三度目の正直の由来・語源

「三度目はじょうの目」「くじは三度」など、占いや賭け事などで最初の二回はあてにならぬという俗信があったことにちなむ。
カテゴリ:ことわざ

三度目の正直に関連する言葉