三十日 みそか

月の30番目の日。転じて、月の最後の日。つごもり。「晦日」とも書く。

三十日の由来・語源

「とを(10)」「はた(20)」「みそ(30)」というように、「三十」を「みそ」というところから出た語。「か」は、日にちを数える語で、しかも複数のみいう。
29日で終わる場合を「九日(くにち)みそか」、12月の場合は「おおみそか」という。

三十日に関連する言葉

カテゴリ:行事・風習