一角 ひとかど

周りと比べてひときわ優れていること。いっかど。「一廉」とも書く。「一角の人物」などと用いられる。

一角の由来・語源

「一角」というのは、もとはひとつの角のことで、ひとつの分野・方面・事柄を意味した語であった。
「角」は、目立つ点。取りたてるべきところの意で、転じて、その分野・方面・事柄で優れていることの意で用いられるようになった。
カテゴリ:社会