一期一会 いちごいちえ

一生にたった一度の出会いであること。またそうした出会いを大切にしようということ。

一期一会の由来・語源

千利休の弟子、山上宗二の著『山上宗二記』にある、「一期に一度の会」から生まれた言葉。茶道の心得として、何度同じ主客で茶の湯を催そうと、今日という日は一生に一度、またその出会いも同じことで、主客とともに心を配って交わるようにという教えを説いた言葉。
カテゴリ:四字熟語