一味 いちみ

同じ目的をもって寄り集まった仲間や同志。また、そのような仲間に加わること。現代では、主に悪事を企てる場合に用いる。

一味の由来・語源

仏教では、川が海に入ると一つの味になるように、仏法は貴賎や男女、大小などに関わりなくすべて平等無差別であることをいう。その意味から、心を同じくして協力する意味や同志の意味となり、いつしか悪事を企む仲間の意味で用いられるようになった。
ちなみに、文字通り、一つの味、また、一味唐辛子のように、成分が一種類の意味でも用いられる。
カテゴリ:社会