一人静 ひとりしずか

センリョウ科の多年草。山林などの日陰に自生。4枚の葉に囲まれて一本の花茎が伸び、先端に白い小さな花を穂状に咲かせる。

一人静の由来・語源

その花の清楚な姿が源義経の寵愛した静御前(しずかごぜん)を思わせるところからこの名があるとされる。
同じセンリョウ科で、二本の花茎を出して白い花をつける「二人静(ふたりしずか)」は静御前とその霊に憑かれた菜摘女(なつみめ)が二人そろって舞う姿にたとえての名とされる。
カテゴリ:自然