ランドセル

小学生の通学用の背負かばん。

ランドセルの由来・語源

もとはオランダ語で、背嚢(はいのう)の意の「ランセル(ransel)」がなまったもの。
明治時代中期、のちの大正天皇が学習院初等科に入学された際に、伊藤博文が献上したのが始まりとされ、その後一般にも普及した。もとは軍隊用で、現在の形は、当時学習院の院長をしていた乃木希典が考案したともいわれている。
カテゴリ:カタカナ語