ノミ行為

競馬や競輪などで、主催者以外の者が胴元となり、馬券や車券を売買すること。法律で禁止されている。呑行為、のみ行為とも書く。

ノミ行為の由来・語源

本来は、証券売買の違法行為に由来する語。
証券会社が客から受け取った金を取引所に取り次がず自分で売買し、客には委託されたとおり取引したようにみせかけたことから転用したもの。
「のむ(呑む)」は懐に入れる意味があり、そこからさらに、自分の懐に「着服する」意味になった。
カテゴリ:社会