シャープペンシル

鉛筆の芯を繰り出して使う筆記用具。

シャープペンシルの由来・語源

とがった(sharp)+鉛筆(pencil)からなる和製語。
1837年、アメリカのキーランド社がEversharp(いつもとがっている、の意)の名で売りだしたのが始まりとされ、日本には明治時代に輸入された。
略して「シャーペン」ともいう。
カテゴリ:カタカナ語