サルスベリ

ミソハギ科の落葉高木。中国原産で、日本には江戸時代に渡来。百日紅。

サルスベリの由来・語源

幹や枝がつるつるしていて、木登りが得意なサルでも滑りそうなところからこの名がついたとされる。
夏に紅や白色の花を咲かせるが、花期が長いことから漢名で「百日紅(ひゃくじつこう)」といい、その漢字を当てて書く。
カテゴリ:自然