キセル乗車

電車などで、乗降駅付近だけの乗車券や定期券を持ち、途中区間をただ乗りすること。不正乗車の一種。単に「キセル」ともいう。

キセル乗車の由来・語源

「煙管(きせる)」は雁首(がんくび)と吸い口だけに金(かね・金属)がついていることから、乗車区間の両端にだけ金(料金)を払うことを「キセル乗車」というようになった。
当初は学生仲間の隠語で、明治以降に一般に広まったとされる。

キセル乗車に関連する言葉

カテゴリ:社会