カッパ

雨具の1つで、身にまとって雨や雪を防ぐ外套。

カッパの由来・語源

もとはポルトガル語の「capa」で、キリシタンの僧侶の法衣など、長くゆったりとしたマント状の外套のこと。安土桃山時代ごろにこれをまねたものが作られるようになった。
明治時代以降は防寒用のものはマントと呼ばれ、カッパは雨着を指すようになった。「合羽」と書くのは当て字。

カッパに関連する言葉

カテゴリ:生活