エルニーニョ

数年おきに、ペルー沿岸から赤道域にかけて、海面温度が高くなる気象現象のこと。

エルニーニョの由来・語源

もともとは、ペルー北部の漁民が、毎年クリスマス頃に現われる小規模な暖流のことをエルニーニョと呼ばれていた。
エルニーニョという単語自体は、「幼子イエス・キリスト」という意味。この言葉が、次第に数年に一度起こるペルー沖の高水温現象の意味で使われるようになった。

エルニーニョに関連する言葉

カテゴリ:自然