アホウドリ

アホウドリ科の海鳥の一種。全長90センチほどで、翼を広げると2メートルを超える。身体は羽の先端を除いて白く、大きなくちばしを持つ。阿房鳥。

アホウドリの由来・語源

「アホウ」という名がついたのは、人間が接近しても地表での動きが緩怠で、簡単につかまってしまうことに由来する。
羽毛採取の乱獲で減少し、現在は伊豆の鳥島(とりしま)に少数が生息するのみで、特別天然記念物・国際保護鳥となっている。
「信天翁」とも書く。
カテゴリ:自然