ろくでなし

人がまともでないこと。役に立たない者。

ろくでなしの由来・語源

「ろく」は「陸(ろく)」で、水平の意。転じて、きちんとしていること、まともなこのと意となり、下に打ち消しの語をともなって、「ろくでなし」「ろくでもない」のように用いる。
他に「碌でなし」とも書くが、「碌」は当て字。

ろくでなしに関連する言葉

カテゴリ:人間