よこしま

正しくないこと。道にはずれていること。本来は物理的に横向きであることを言い、そこから心の向きが正しくないことを表すようになった。

よこしまの由来・語源

よこしまは、「横」に接尾語の「し」と接尾語の「ま」がついたもの。
「し」は方向を示す接尾語「さ」と同じもので、これらは「横さ」「横し」のように使われ、どちらも横向きの意。
この「横さ」「横し」に接尾語の「ま」がついて、「横さま」「横しま」ができた。
カテゴリ:様相