やかん

湯沸かしに用いられる、主に土瓶形の道具。薬缶。

やかんの由来・語源

やかんは、もとは煎じ薬を煮出すのに利用されていた薬鑵(やっかん)のことで、それが転じてやかんと呼ばれるようになった。
湯沸かしに使われた時代は明確なことは不明だが、1603年『日葡辞書』に「今では湯を沸かす、ある種の深鍋の意で用いられている」とあり、中世末には既に湯を沸かす道具として用いられている。
本来は「薬罐」と書き、「罐」は水を汲む器の意。表記は「罐」が表外字のため、「缶」で代用する。
カテゴリ:生活