ほや

ホヤ目の原索(びさく)動物の総称。単体、または群体をつくり、単体のものは球形ないし卵形で、岩や海草に固着。成長過程で変態する動物として知られ、幼生はオタマジャクシ様の形態を示し遊泳する。マボヤなどは食用。

ほやの由来・語源

「ほや」は、宿木(やどりぎ)の古名「寄生(ほや)」からで、岩にくっついて動かず、植物のようにみえるところから、宿木に見立てて名付けられたとされる。
漢字では、皮質の被嚢(ひのう)で覆われるようすから、「海鞘」、なまこに似ていることから「老海鼠」とも書く。

ほやに関連する言葉

カテゴリ:自然