ひとりぼっち

仲間や頼る人などがいなくて、ただひとりで心細くいること。「ひとりぼち」とも。

ひとりぼっちの由来・語源

本来は仏教語で、漢字で書くと「独法師」となり、「ひとりぼうし」から変化した語。それが音変化して「ひとりぼし」「ひとりぼっち」となった。
独法師は、宗派・教団に属さない、または離脱した僧侶の境遇を表す語だった。
カテゴリ:人間