はしたない

慎みがなく、礼儀にはずれたり品格に欠けたりして見苦しい。みっともない。

はしたないの由来・語源

語構成は「はした(半端)+なし」で、「はした」は一定の数量やまとまりとなるには足りない数や部分をいう語。「はしたなし」はその「はした」を接尾語によって形容詞化したもので、「中途半端である」という意味が原義。
そこから、「はしたなし」は中途半端で収まりが悪いというところから「身の置きどころがない、恥ずかしい」という自身の感情を示すようになり、そこからさらに転じて、「見苦しい、行儀が悪い」といった、相手に不快な気持ちを抱かせるような態度をいうようにもなった。
カテゴリ:様相