とどのつまり

結局。つまるところ。

とどのつまりの由来・語源

「とど」とは、魚のトド(鯔)のことで、ボラが成長したもの。
ボラは出世魚で、成長するにしたがって、オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トドなどと呼び名が変わり(地域によって呼び方は異なる)、トドはこれ以上大きくならないことから、「結局」「行きつくところ」などを意味する「とどのつまり」の語源となった。
カテゴリ:様相