すべからく

多くは下に「べし」をつけて、当然なすべきこととして、是非ともそうすべきという気持ちを表す。当然。

すべからくの由来・語源

動詞「す」に推量の助動詞「べし」の付いた「すべし」がク語法によって「すべからく」となったもの。ク語法であれば、本来は「なすべきこと」という意味の名詞句であるが、それが副詞的に用いられて、現在のような意味になった。
漢文訓読で「須・応」を「すべからく~べし」と再読したのがはじまり。
「すべて、皆」という使い方は本来の意味ではない。
カテゴリ:社会