けちがつく

縁起の悪いことが起こる。また、悪評や難癖などのために、物事がうまく進まなくなること。

けちがつくの由来・語源

「けち」とは、不思議な出来事を表す「怪事(けじ)」が音変化したもので、「あやしき事」の意と示すとされる。それが「つく」のであるから、縁起の悪いことが起こることの意味となる。
カテゴリ:人間