きりきり舞い

忙しくあわてふためいて立ち動くこと。たま、相手の動きに対応できずあわてたり、うろたえたりするさま。

きりきり舞いの由来・語源

もとは、独楽(こま)のように、片足で立って勢い良く回転することをいい、その様子からのたとえ。
「きりきり」は糸などをきつく巻きつけたり、物が回転したりする様子を表す擬態語。

きりきり舞いに関連する言葉

カテゴリ:人間