かねがね

以前から。前々から。

かねがねの由来・語源

動詞「かぬ(予ぬ/兼ぬ)」の連用形「かね」を重ねたもの。
「かぬ」は2つの事柄に同時にかかわることを広くさす語で、現代語の「兼ねる」が持つ意味のほかに、現在の時点で同時に未来のことも考える、つまり予想する意味でも使われた。
「かねがね」は、この予想する意の「かぬ」の連用形を重ねたもので、原義は、未来のことを前もって考えておくの意。
カテゴリ:社会