お釈迦 おしゃか

ものを作り損なうこと。不良品のこと。

お釈迦の由来・語源

阿弥陀像を鋳るはずが、誤って釈迦像を鋳てしまったことから出た語とされる。
また、はだかのこと、勝負事に負けて無一文になることも「お釈迦」というが、これは、花まつりに水をかけられるお釈迦さまと同じように、裸にされることから出たといわれる。
カテゴリ:社会