お払い箱 おはらいばこ

いらなくなった物を捨てたり、人を辞めさせたりすること。

お払い箱の由来・語源

もともとは、中世かた近世にかけて、伊勢の御師(おし)が毎年地方の檀那(だんな)に配った、お祓いの礼や薬種、暦などを入れた箱を「お祓い箱」といい、新しい札がくると古い札はいらなくなることから、「祓い」を「払い」にかけて洒落でいったもの。

お払い箱に関連する言葉

カテゴリ:文化