お中元 おちゅうげん

世話になった人々に、中元の時期に贈り物をする習慣のこと。

お中元の由来・語源

もともとは中国の道教による習俗で、半年無事に過ごせたことを祝う日であったが、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と混同され、種々の仏事が行われる。
お中元の時期は、東日本(特に関東)では7月15日、西日本(特に関西)では8月15日だが、全国的には7月15日が標準とされ、8月15日のお中元を「月遅れ」と呼ぶ。ただし、贈り物はこの日付ちょうどでなくとも、この日付までに送ればよく、少々の遅れも格段問題とはされず、「月初めから15日ごろまで」とされる。

お中元に関連する言葉

カテゴリ:行事・風習