おがくず

鋸(のこぎり)などで材木をひくときに出る粉状の木くず。ひきくず。のこくず。燃料や床の防音・床掃除などに用いる。

おがくずの由来・語源

「おが」は大きなノコギリのこと。二人がかりで材木の両側から切り、その「くず」だから「おがくず」という。
「おが」は「おほが」ともいうが、これは古くは大きなノコギリを「ががり」といったことから「おほ(大)+ががり」を略したものとされる。
カテゴリ:生活