いろは

物事や習い事の初歩や基本のことで、「伊呂波」「以呂波」とも書く。

いろはの由来・語源

もとは、いろは歌の最初の3文字をとった語で、仮名四十七文字の総称。習字で、最初に習うことから、初歩の意味が生まれた。

いろはに関連する言葉

カテゴリ:文化