いちころ

いっぺんで簡単に勝負がつくこと。

いちころの由来・語源

「一度でころり」の縮約形が形容動詞として使われるようになったもの。しごく簡単に事が片付く意。
「ころり」は本来は擬態語で、物が転がる様子を示すものだが、そこから転じて「あっけなく事が片付く、あっけなく死ぬ」意の副詞としても使われるようになったもの。
カテゴリ:人間