いかがわしい

本当かどうか疑わしい。あやしげである。信用できない。

いかがわしいの由来・語源

上代の時代に、疑いの気持ちを示す「いか」という語があり、これを基にして「いかに」という疑問の副詞ができた。さらに助詞の「か」がついた「いかにか」という形が多用されるうちに音便化して、「いかにか」→「いかんが」→「いかが」という形へと変化した。
この「いかが」は現代語でも「ご機嫌いかがですか」のように使われるが、近世にそれを形容詞化した「いかがし」という語が成立し、さらに「疑わし」などの語形に引かれて「いかがわし」が生まれた。
カテゴリ:様相