あくせくする

心にゆとりがなく、目先のことにとらわれてせわしなく事を行うこと。

あくせくするの由来・語源

「あくせく」は漢字で「齷齪」と書く。本来は漢語で「あくさく」と読み、歯と歯の間が狭いという意味。そこから転じて、心の狭いさま、わずかなことにかかずらうさまを表すようになった。
カテゴリ:人間