あかんべい

指で下まぶたを押し下げ、裏の赤い部分を見せる動作。また、そのときに発生される言葉。軽蔑や拒絶の気持ちを表す。あかんべえ。あっかんべえ。あかんべ。あかべ。

あかんべいの由来・語源

語源は「赤目」。あかんめ→あかんべ→あかんべい と変化したとされる。「あかんべい」をすると、眼球の下の血管が見えて目が赤く見えるからだという説が有力。
カテゴリ:人間