験を担ぐ げんをかつぐ

何かをするのに、前もってその良し悪しをおしはかり、考え方や行動を規定すること。また、良い前兆であるとか悪い前兆であるとかを気にすること。縁起を気にする事。験担ぎ。

験を担ぐの由来・語源

本来は「縁起をかつぐ」だが、江戸時代に流行った逆さ言葉で縁起を「ぎえん」と言うようになり、それが徐々に「げん」に変化したとされる。「験」には効き目や効果という意味がある。
カテゴリ:社会