餓鬼 がき

子どもをいやしんでいう語。

餓鬼の由来・語源

本来は生前の悪行の報いとして餓鬼道に落ちた亡者のこと。餓鬼道は六道(衆生が善悪の業によって住む世界)の一つで、そこでは食べることも飲むこともできず、常に飢餓に苦しむといわれている。
カテゴリ:社会