頭陀袋 ずだぶくろ

大きな布製の袋。

頭陀袋の由来・語源

「頭陀」は僧が衣食住の欲望を捨てて、諸国を行脚して修行すること。その際に、経巻や僧具、布施などを入れ、首にかけて持ち歩いた袋を「頭陀袋」といった。
そこから、それに似ていて、なんでも入るような大きい袋のことをいうようになった。
カテゴリ:生活