頭取 とうどり

一番上に立って指図をする人。特に銀行における肩書の一つで、一般の会社の社長に相当する役職。

頭取の由来・語源

語源については2つあり、一つは「筆頭取締役」の略称に由来するという説がある。
もう一つは、雅楽の演奏における「音頭取り」が縮約して「頭取」となったとする説がある。
幕末・明治初期に様々な機関の長の名称に使用されたが、次第に廃れ、銀行に限定されるようになった。

頭取に関連する言葉

カテゴリ:政治・経済