鞘当て さやあて

ちょっとした意地の張り合いで、2人が争うこと。

鞘当ての由来・語源

もとは、武士同士がすれ違うとき、互いの刀の鞘の先端(鐺・こじり)が触れたのをとがめ立てして、喧嘩になったことからいうもの。
また、2人の男性が同じ女性に恋して争いことを「恋の鞘当て」というのは、1人の遊女をめぐって武士2人が鞘当てをする歌舞伎の題材にちなむもの。
カテゴリ:社会