霞草 かすみそう

ナデシコ科の多年草。高さ約50センチ。葉は線形。細かく分かれた枝の先に、小さな白い花を無数に咲かせる。仏花用などに切り花が生産される。

霞草の由来・語源

花が密生して、広がっている様子が、霞がかかっているようにみえるところからこの名がある。
別名をムレナデシコ(群れ撫子)というが、これは花が群がって咲くことにちなむ。
カテゴリ:自然