阿吽の呼吸 あうんのこきゅう

共同で物事を行うとき、何も言わなくても息がぴったり合うこと。

阿吽の呼吸の由来・語源

「阿吽」は仏教の呪文(真言)の1つ。梵字において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。
さらに、対となる物を表す用語としても使用されるようになり、特に狛犬や仁王、沖縄のシーサーなど、一対で存在する宗教的な像のモチーフとされた。口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)と言う。
転じて、2人の人物が呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを阿吽の呼吸と呼ぶようになった。
カテゴリ:人間