錦の御旗 にしきのみはた

自分の主張や言動を正当化し、権威付けるための名目のこと。

錦の御旗の由来・語源

もとは、赤の錦地に日と月を金銀で刺繍したりした旗のことで、承久の乱の際に後鳥羽上皇が官軍に賜ったのが最初といわれている。明治維新の際、官軍が旗印としたことから転じていうもの。
カテゴリ:社会