醍醐味 だいごみ

物事の真の味わい。最高のおもしろさ。

醍醐味の由来・語源

「醍醐」は仏教で、五味の1つ。牛や羊の乳を精製していくと、乳味(にゅうみ)、酪味(らくみ)、生酥味(しょうそみ)、熟酥味(じゅくそみ)へと変化し、最後が醍醐味になり、濃厚で最高の味とされる。
醍醐は純粋で最高の味であるところから、そこから転じ、醍醐味は「最高の面白さ」や「神髄」を意味するようになった。
カテゴリ:文化