遠足 えんそく

見学やレクレーションなどで遠くへ出かけること、特に学校での日帰り程度の旅行のことをいう。

遠足の由来・語源

江戸末期には徒歩で遠くまで行くことを「遠足」と呼ばれており、明治になって学校行事として整備されていった。
現在ではバスや列車など他の移動手段を利用する場合も遠足というが、当初は文字通り徒歩で遠出することをいった。
カテゴリ:行事・風習