言質を取る げんちをとる

交渉事などで、後日の証拠のために相手から約束の言葉を得ておくこと。

言質を取るの由来・語源

「質」は、「人質」や「質草」の「質」と同じく、証拠のために相手に預けておく人や物のこと。つまり「言質」とは、後日の証拠となる約束の言葉のこと。
カテゴリ:社会