言語道断 ごんごどうだん

言葉に表せないほどあまりにひどいこと。とんでもないこと。もってのほか。

言語道断の由来・語源

本来は仏教語で、仏教の心理は奥深くて言葉では到底説明できないことをいう。
「道」は口で言うことで、言葉に出して言うことが断たれること。また、言葉で説明する道が断たれる意味ともされる。
一般には、口では言い表せないことをいい、さらに、とんでもないこと、許しがたいことへと意味が転じていった。
カテゴリ:四字熟語