観念する かんねんする

覚悟する。あきらめる。

観念するの由来・語源

「観念」は「観想の念仏」の略語で、心に仏の姿をつぶさに念ずるの意。真理を会得して悟りを得るという「覚悟」の意が転じて、あきらめなどの意を生じた。
観念の「観」は、知恵を持って観察し、悟りを得ることを意味するサンスクリット語「vipaśyanā」の漢訳。「念」は、心に思うことを意味するサンスクリット語「smŗti」の漢訳。
カテゴリ:人間