覚悟 かくご

危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、心の準備をしておくこと。

覚悟の由来・語源

もともとは漢語で、中国では以前の自分の過ちを悟ること、また仏教語として、迷いから覚め、真理を悟るの意で用いられた。
日本でも同じような用い方はあったが、「観念」という語と同じく、あきらめのニュアンスを伴って使われることが多くなった。
カテゴリ:社会