たすき

和服において、袖や袂が邪魔にならないように、両肩から両脇に斜め十文字に掛けて結ぶ紐のこと。また、選挙の候補者や駅伝競走の選手が、肩から斜めに掛ける帯状の布のこと。

襷の由来・語源

語源は「た(手)」+「すき」で、「すき」は小児を背負うための帯のこと。働くときに用いるようになったのは近世以降のこと。
「襷」は国字。

襷に関連する言葉

カテゴリ:生活