融通がきく ゆうずうがきく

臨機応変にうまく処理できること。

融通がきくの由来・語源

「融通」は本来は仏教語で、異なる別々のものが融(と)けあって一体となること。そこから転じて、何の障害もなく物事が通用したり、気持ちが通じあったりすることをいうようになった。
カテゴリ:人間